omotegake_R0010634
【起点】 宮城県道42号築館栗駒公園線表掛(御沢)登山道入口(宮城県栗原市栗駒沼倉、旧いこいの村跡地手前)
【距離】 約7.3km
【登山口標高】 800m
【標高差】 826m
【累積標高差】 約900m
【難易度】 体力 ★★★☆☆  技術 ★★★☆☆  危険 ★★★☆☆
【その他の情報】 水場 なし  鎖場 あり(綱)
【携帯電話】 Docomo 一部のみ  au 一部のみ  Softbank 一部のみ

【登山道概要】
古くから信仰の山として崇められた栗駒山の最も古い登山道のひとつで、かつては駒の湯温泉(栗原市耕英)を起点として、登りは表掛(御沢)登山道、下りは裏掛(新湯)下山道が利用され、古の登山者は栗駒山を周遊していました。
この登山道は平坦な森林歩きに始まり、登山道前半は「御沢」という名のとおり、約1.5kmの沢(渓流)を遡行するもので、石飛八里(いしとびはちり)と呼ばれています。その名の由来は、人の背丈以上の大きな岩がごろごろした沢を、岩を飛び跳ねながら登ることから名づけられました。
御沢と大日沢出合いから、険しい岩登りとなり、栗駒山の登山道で最も危険な「はしご滝」に至ります。脆く滑りやすい急斜面なので、両手で綱を利用しないと登られません。滑落しないように注意しましょう。
そこから、また小さな沢を遡行して少しずつ高度をあげていきます。遠くに黒い岩稜帯が見えてきたら、表掛・大地森分岐と御室に至ります。登山道後半の見所である御室は、9月まで雪渓が残り、少しづつ解けゆく場所から新しい花が次々と咲き誇る高山植物の宝庫。春の花が夏や秋に咲いたり、春夏秋の花が同時に見ることができ、秣岳(天馬尾根)と並ぶ花の名所です。
御室からは、向かって右手の滑落の危険がある岩稜帯の下を通らず、虚空蔵山方面へ向かい、虚空蔵十字路を経由して安全な登山道をたどります。約45分で須川分岐(天狗平)へ至り、山頂まで展望の良い稜線歩きを楽しむことができます。
おすすめの時季は雪渓が消えかけ、沢の水量が減少する8月から10月頃までです。
登山道は距離約7.3km(虚空蔵十字路を経由しないと約7.1km)と長く、途中に避難小屋も避難路もありません。御沢から御室までは危険な箇所も多く、他の登山道よりも技術と体力が要る、中級者以上向けの本格的な登山道です。
初心者は経験者の同伴なしで立ち入ることは控えることが良いでしょう。また、専ら登山道として利用し、下山道として利用しない方が賢明です。登山の場合は登山口を遅くても7時までに出発し、下山の場合は山頂を9時までに出発できない場合、他の登山道を利用すべきです。そして、視界不良時や降雨後は沢が増水するため危険です。特に、雪渓がなくなる梅雨明けまでは、超上級者向けで、初心者は怪我や遭難すること必至です。

【標準所要時間】 登り315分 下り275分
登り(下り)
1.登山口 ~70分(60分)~ 2.御沢入口 ~120分(120分)~ 3.御沢・大日沢出合い ~50分(40分)~ 4.表掛・大地森分岐 ~10分(5分)~ 5.御室 ~5分(5分)~ 6.虚空蔵十字路 ~40分(30分)~ 7.天狗平(須川分岐) ~20分(15分)~ 8.栗駒山山頂
※ 一般的な登山者の歩行時間が基準で、人により大きな差があります。休憩時間は含みません。
omotegake_map

————————————————————————————————————————————————————————————
登山口 駐車場
————————————————————————————————————————————————————————————

omotegake001_GR015331
旧いこいの村直下、宮城県道42号築館栗駒公園線脇にある登山口
omotegake002_GR015333
道路脇にある駐車場。30台以上駐車できます。
omotegake003_GR015328
登山post以外の設備はありません
omotegake004_GR016659
綺麗に刈り払われた登山口

————————————————————————————————————————————————————————————
1.登山口 ~70分(60分)~ 御沢入口
————————————————————————————————————————————————————————————

omotegake101_R0010607
登山道は広葉樹の森から始まります
omotegake102_R0010058
鬱蒼とした森が陽射しを遮ってくれます
omotegake103_R0010609
山毛欅や朴、栃など森林浴が楽しめます
omotegake104_GR015362
山毛欅の巨木が出迎えてくれます
omotegake105_GR015337
いくつかの小さな沢を渡ります
omotegake107_R0010060
登山道はよく整備され、要所要所に標識が
omotegake108_R0010615
登山口から30分くらいで岩魚沢へ
omotegake109_GR015349
わかりやすい表示板があります
omotegake110_GR015371
残雪期は道が分かりにくいです
omotegake111_R0010616
緩やかな方斜面の登山道が続きます

————————————————————————————————————————————————————————————
2.御沢入口 ~120分(120分)~ 御沢・大日沢出合い
————————————————————————————————————————————————————————————

omotegake201_R0010095
登山口から約70分で御沢に到着します
omotegake202_R0010623
御沢の入り口は川床から鉱泉が出て硫黄の臭いが
omotegake204_R0010634
赤い矢印に従って無数の石を飛び越えて進みます
omotegake205_IMG_7278
石飛八里、直径1mを超える石がごろごろと
omotegake206_R0010130
水はとても澄んでいますが、生水の飲用は避けましょう
omotegake207_GR015428
残雪期はsnow bridgeを踏み抜かないように細心の注意が必要
omotegake208_GR015387
残雪期や梅雨時は水量が多く危険です
omotegake211_R0010134
御沢の中間点あたりから遡行が難しくなります
omotegake212_R0010126
赤い矢印に従って無数の石を飛び越えて進みます
omotegake213_R0010135
御沢の遡行(約1.7km)は約2時間を要します
omotegake214_R0010642
大人の背丈を超える石がごろごろしています
omotegake215_R0010649
上流になると川幅が狭くなり、遡行が難しくなります
omotegake216_R0010682
水はとても冷たく、水没は避けたい
omotegake217_R0010155
御沢は沢の両岸が絶えず崩落し続けています
omotegake218_GR015389
岩手・宮城内陸地震の傷跡と思われる崩落跡
omotegake222_GR015455
残雪期はsnow bridgeを踏み抜かないように細心の注意が必要
omotegake223_GR015478
残雪期は超上級者向けです
omotegake250_R0010147
梅鉢草(ウメバチソウ、ユキノシタ科)
omotegake251_GR015402
水芭蕉(ミズバショウ、サトイモ科)
omotegake252_GR015416
紫八汐躑躅(ムラサキヤシオツツジ、ツツジ科)

————————————————————————————————————————————————————————————
3.御沢・大日沢出合い ~50分(40分)~ 表掛・大地森分岐
————————————————————————————————————————————————————————————

omotegake301_R0010159
御沢入り口から約120分で御沢・大日沢出合いへ
omotegake302_GR015484
5〜6月頃の御沢・大日沢出合い
omotegake303_GR015486
御沢・大日沢出合いから山頂が見えます
omotegake304_R0010167
左側の御沢を遡行します。右側の大日沢には進入禁止の案内が
omotegake305_IMG_7312
沢はとても狭くなります
omotegake306_GR015496
5〜6月頃まで完全に雪に覆われています
omotegake307_IMG_7318
岩登りが困難な場所は、左側の崖を高巻きます
omotegake308_R0010716
沢はとても狭くなり、傾斜がきつくなります
omotegake309_R0010729
両側とも崖崩れで落石注意
omotegake310_R0010736
左側は滑りやすいので立入禁止です
omotegake311_R0010178
登山道最大の難所、はしご滝。雪解け水が冷たいです
omotegake312_R0010741
はしご滝の上部は、両手を使わないと登れません
omotegake315_GR015500
残雪期のはしご滝
omotegake316_GR015509
残雪期は垂直の壁となって立ちはだかります
omotegake320_R0010195
はしご滝を越えると少し展望が開けます
omotegake321_R0010197
小さな沢沿いに歩きます
omotegake322_R0010749
このあたりは登山道が判りにくくなっています
omotegake323_R0010210
岩についた苔がとても滑りやすいので注意
omotegake325_GR015518
残雪期には深い沢が完全に雪に覆われます
omotegake330_R0010753
崩れやすい登山道
omotegake331_R0010221
斜面はもろく草で滑りやすいので注意
omotegake332_R0010756
とても滑りやすい箇所には綱が
高度をあげると視界がどんどん開けてきます
高度をあげると視界がどんどん開けてきます
omotegake335_5SC_7700
御沢・大日沢出合いから約30分で御室の岩稜が見えてきます
omotegake340_GR015530
5〜6月頃の御室(虚空蔵山方向)
omotegake341_GR015531
5〜6月頃の御室
omotegake342_GR015532
5〜6月頃の御室(山頂方向)
omotegake343_GR015537
表掛・大地森分岐手前から振り返る。5〜6月頃

————————————————————————————————————————————————————————————
4.表掛・大地森分岐 ~10分(5分)~ 御室
————————————————————————————————————————————————————————————

omotegake401_R0010758
御沢・大日沢出合いから約50分で表掛・大地森分岐
6〜8月頃の御室(山頂方向)
6〜8月頃の御室(山頂方向)
分厚い雪渓が夏の終わりまで残ります
分厚い雪渓が夏の終わりまで残ります
9月頃まで雪渓が残ることも
9月頃まで雪渓が残ることも
omotegake406_R0010338
御室、そこは高山植物の宝庫です
秋の御室(虚空蔵山方向)
秋の御室(虚空蔵山方向)
omotegake411_5SC_7706
秋の御室
omotegake412_5SC_7707
秋の御室( 山頂方向)
omotegake413_R0010759
御室の岩稜帯
omotegake418_R0010791
雪渓の下に滑り落ちないように注意
omotegake450_GR010693
水芭蕉(ミズバショウ、サトイモ科)
omotegake452_R0010333
岩鏡(イワカガミ、イワウメ科)
omotegake453_GR010720
小岩鏡(コイワカガミ、イワウメ科)
omotegake454_GR010730
白根人参(シラネニンジン、セリ科)
omotegake455_GR010752
御室を彩る高山植物
omotegake456_GR010753
小梅蕙草(コバイケイソウ、ユリ科)
omotegake470_IMG_2605
長葉栂桜(ナガバツガザクラ、ツツジ科)
omotegake470_IMG_2607
岩銀杏(イワイチョウ、リンドウ科)
omotegake470_IMG_2609
綿菅(ワタスゲ、カヤツリグサ科)
omotegake470_IMG_2647
青の栂桜(アオノツガザクラ、ツツジ科)
omotegake480_R0010236
岩弟切(イワオトギリ、オトギリソウ科)
omotegake481_R0010247
赤物(アカモノ、ツツジ科)
omotegake482_R0010253
雛桜(ヒナザクラ、サクラソウ科)
omotegake483_R0010257
立山竜胆(タテヤマリンドウ、リンドウ科)

————————————————————————————————————————————————————————————
5.御室 ~5分(5分)~ 虚空蔵十字路
————————————————————————————————————————————————————————————

omotegake501_R0010815
表掛・大地森分岐から御室まで10分もかかりません
omotegake502_R0010368
標識があります
omotegake503_R0010370
駒形根神社の奥の院とされる御室
omotegake504_R0010363
御室では岩稜帯から水が染み出しています
omotegake505_5SC_7726
御室から御沢方向(秋)
omotegake506_5SC_7727
御室から大地森方向(秋)
omotegake508_GR015566
御室の岩稜と雪渓(山頂方向)
omotegake509_GR015577
御室の岩稜と雪渓(虚空蔵山方向)
omotegake509_GR018262
雪渓の下
omotegake510_GR016061
御室の大雪渓から見下ろす風景(6月)
omotegake510_IMG_7362
虚空蔵十字路方向
omotegake511_GR016059
雪渓が残る時期
omotegake512_GR016076
虚空蔵山
omotegake513_GR012344
虚空蔵十字路までは刈り払いされ歩きやすい登山道
omotegake520_R0010358
御室から岩稜に沿って登る登山道
omotegake521_IMG_7360
登山道は荒れているため通行禁止です
omotegake522_R0010371
通行禁止の案内
omotegake523_GR018271
大量の雪で浸食され滑りやすくなっています
omotegake524_R0010373
岩稜帯から御室を振り返る
omotegake525_R0010389
山頂を右手に見ながら高度を上げます
omotegake526_R0010817
道は不明瞭で崩れやすく、滑りやすいので注意
omotegake528_GR018332
残雪期、雪渓はいたるところに口を開き危険です
omotegake529_R0010829
秋の様子
omotegake530_R0010391
御室から約30分で虚空蔵十字路からの道と合流します

————————————————————————————————————————————————————————————
6.虚空蔵十字路 ~40分(30分)~ 須川分岐(天狗平)
————————————————————————————————————————————————————————————

omotegake601_IMG_7365
虚空蔵十字路、山頂まで約2km
omotegake602_GR016078
虚空蔵十字路から北(山頂方向)
omotegake603_GR016082
虚空蔵十字路から東(御室方向)
omotegake604_GR016080
虚空蔵十字路から西(湯浜登山道方向)
omotegake605_GR016084
虚空蔵十字路から南(虚空蔵山)
omotegake606_GR015820
残雪期の登山道
omotegake610_GR016087
虚空蔵十字路からすぐ登山道は深く抉れていて危険
omotegake611_GR015818
残雪期は穴が見えないのでとても危険です
omotegake612_GR016098
雨による浸食が激しく、荒れています
omotegake615_GR016095
高度を上げると展望が良くなります
omotegake616_5SC_7731
西に見えるのは鳥海山
omotegake617_5SC_7733
西には神室連峰も見えます
omotegake618_GR016121
虚空蔵山と南奥羽を振り返る
omotegake619_GR015813
残雪期の虚空蔵山と南奥羽
omotegake621_GR016123
御室からの最短路との分岐
omotegake622_GR016125
御室からの最短路との分岐(南方向)
omotegake625_5SC_7740
展望の良い稜線歩きを楽しめます
omotegake626_GR015626
登山道は少し崩落しているので視界不良時は注意
omotegake629_GR015801
天狗平(須川分岐)直下
omotegake630_GR016143
御室(残雪の駒姿)を振り返る
omotegake631_GR015803
残雪期の御室方向
omotegake632_GR015638
残雪期の大日沢と御沢方向
omotegake651_GR016102
三葉黄蓮(ミツバオウレン、キンポウゲ科)
omotegake652_GR016111
長葉栂桜(ナガバツガザクラ、ツツジ科)
omotegake653_GR016118
岩鏡(イワカガミ、イワウメ科)
omotegake654_GR016128
紫八汐躑躅(ムラサキヤシオツツジ、ツツジ科)
omotegake655_GR016130
岩梅(イワウメ、イワウメ科)
omotegake656_GR016136
岩梅(イワウメ、イワウメ科)
omotegake657_GR015628
大葉黄菫(オオバキスミレ、スミレ科)
omotegake658_GR015615
高嶺桜(タカネザクラ、別名=ミネザクラ、バラ科)

————————————————————————————————————————————————————————————
7.天狗平(須川分岐) ~20分(15分)~ 栗駒山山頂
————————————————————————————————————————————————————————————

sukawa400_GR017286
天狗平(須川分岐) 。5つの登山道が分岐する場所です
sukawa401_R0011414
砂礫の広場は山頂までの最後の休憩場所として使われます
sukawa403_GR015798
天狗平(須川分岐)から東(山頂)方向
sukawa405_GR015705
天狗平(須川分岐)から西(天馬尾根=秣岳)方向
sukawa406_GR016142
天狗平(須川分岐)から南(表掛、大地森、湯浜)方向
sukawa407_GR015707
天狗平(須川分岐)から北(須川)方向
sukawa408_GR011636
標識、視界不良時でも、登山道が分かります
sukawa409_GR011646
登山道はよく整備されています
sukawa412_GR012387
登山道の目印となる二つの大きな岩、天狗岩
sukawa413_GR017294
南側の御室方面。天狗岩を過ぎると視界が開けます
sukawa414_GR017308
振り返ると、鳥海山、月山、朝日連峰が遠望できます
sukawa415_GR015714
山頂まであとわずか。登山道はよく整備されています
sukawa416_GR017366
北西側には、天馬尾根、秣岳、龍泉ヶ原、彼方に鳥海山
sukawa417_GR017370
北側には、昭和湖、須川高原温泉、名残ヶ原、焼石連峰
sukawa418_IMG_7349
南西側は奥羽山脈の山々が重畳と
sukawa419_R0011437
登山道を振り返ると紅葉の絨毯が
sukawa420_IMG_7327
東方向。紅葉最盛期の山頂へ続く稜線
sukawa422_IMG_7318
西方向。天馬尾根の稜線と秣岳、龍泉ヶ原、彼方に鳥海山
sukawa423_IMG_7348
南方向。南斜面の尾根は真っ赤に色づきます
sukawa424_IMG_7326
北方向。北斜面も赤く染まります。焼石連峰へ続く峰々
sukawa425_P8190329.jpg
山頂、夏山
sukawa431_GR017358
山頂手前から右手(南側)が崖で、この稜線は風が強いので注意
sukawa432_R0010409
転落防止用に綱が張ってありますが、視界不良時は要注意
sukawa434_GR017321
稜線を振り返ったところ
sukawa440_R0010405
夏の終わりごろ、山頂付近の登山道脇はお花畑に
sukawa441_GR017348
高嶺桜(タカネザクラ、別名=ミネザクラ、バラ科)が疲れを癒します

————————————————————————————————————————————————————————————
8.栗駒山山頂
————————————————————————————————————————————————————————————

数百人も立つことができる広い山頂。立派な標柱があります
数百人も立つことができる広い山頂。立派な標柱があります
標柱より少し北にある一等三角点
標柱より少し北にある一等三角点
東(岩手県一関市、宮城県栗原市)の方角。北上山地を遠望できます
東(岩手県一関市、宮城県栗原市)の方角。北上山地を遠望できます
西(秋田県、山形県)の方角。鳥海山、月山、朝日連峰、神室岳が見渡せます
西(秋田県、山形県)の方角。鳥海山、月山、朝日連峰、神室岳が見渡せます
南(宮城県栗原市)の方角。大崎平野、仙台平野まで見渡せます
南(宮城県栗原市)の方角。大崎平野、仙台平野まで見渡せます
北(岩手県一関市)の方角。焼石連峰、早池峰山、岩手山が見渡せます
北(岩手県一関市)の方角。焼石連峰、早池峰山、岩手山が見渡せます
紅葉最盛期などは撮影待ちで大混雑します
紅葉最盛期などは撮影待ちで大混雑します
山開き直前。山頂は風当たりが強いため、雪は早く消えます
山開き直前。山頂は風当たりが強いため、雪は早く消えます