higashi_GR015746

【起点】 いわかがみ坪(宫城县栗原市栗驹沼仓)
【距离】 约3.7km
【登山入口海拔】 1,113m
【海拔差】 513m
【累积海拔差】 539m
【难度】 体力 ★☆☆☆☆ 技术 ★☆☆☆☆ 危险 ★☆☆☆☆
【其他】 无饮水站 无禁区
【信号】 Docomo 基本良好 au 部分良好 Softbank 部分良好

【登山道概要】
以いわかがみ坪为起点,与中央登山道相匹敌的高人气路线。
前半段多为积水冲刷的岩石和高低落差的矮⽊木带,视野并不好,但越过新汤泽美丽的水域后,登山东栗驹的山脊就可以享受的最佳的视 野。后半段呈现在眼前的雄伟栗驹山山峰让人难以想象这只是座海拔1,626m的矮峰。行至最后路线将于中央登山道汇合。5月左右东栗驹线是唯一可以看见深山金梅的路线,全程并不算太⻓长的东栗驹线却能让人体会到幽静的深山气息,登山的魅力全都浓缩在这条路段里。 开山之后以及降雨过后道路(前半)泥泞,建议游客选择晴好天气出行,登山选择东栗驹线,下山选择中央线。而东栗驹线下山容易发生 事故,因为并不推荐下行。东栗驹山的山脊线上强风不断,缺少遮风建筑设备,请游客注意保暖防寒。

【标准往返时间】 登山120分钟 下山90分钟
登り(下り)
1.いわかがみ坪 ~40分钟(30分钟)~ 2.新汤泽徒渉点 ~20分钟(15分钟)~ 3.东栗驹山 ~30分钟(25分钟)~ 4.东栗驹・里掛分岔路
~20分钟(13分钟)~ 5.中央・东栗驹分岔路 ~ 10分钟(7分钟)~ 6.栗驹山山顶

higashi_map

————————————————————————————————————————————————————————————
登山口 いわかがみ坪
————————————————————————————————————————————————————————————

いわかがみ坪停车场 海拔1,113m
いわかがみ坪停车场 海拔1,113m
每年春季连休之后道路就会开放
每年春季连休之后道路就会开放
停车场共有3处,图为第一停车场
停车场共有3处,图为第一停车场
瞭望台 可以饱览包括栗原市在内的宫城县北部地区
瞭望台 可以饱览包括栗原市在内的宫城县北部地区
近处是避难小屋,远处是公共卫生间
近处是避难小屋,远处是公共卫生间
中央登山道下坡之后就是东栗驹登山道的入口
中央登山道下坡之后就是东栗驹登山道的入口
东栗驹登山道入口。路面没有铺装,降雨后会有水洼
东栗驹登山道入口。路面没有铺装,降雨后会有水洼
在开山时间以及红叶最好的时节停车场清晨就会爆满
在开山时间以及红叶最好的时节停车场清晨就会爆满
栗驹休息处内可以吃饭休息,内有小卖部,但营业时间较短
栗驹休息处内可以吃饭休息,内有小卖部,但营业时间较短
休息处门前可以提交登山表
休息处门前可以提交登山表

————————————————————————————————————————————————————————————
1.いわかがみ坪 ~登山40分钟(下山30分钟)~ 2.新汤泽步道
————————————————————————————————————————————————————————————

雨水汇集形成河流,需准备防水登山靴和护腿
雨水汇集形成河流,需准备防水登山靴和护腿
降雨天后几天泥泞难行,准备手套会很方航班
降雨天后几天泥泞难行,准备手套会很方航班
还有手脚并用才能攀登的岩石和梯子
还有手脚并用才能攀登的岩石和梯子
路线前半段少有视野风景,⼏乎看不见山顶
路线前半段少有视野风景,⼏乎看不见山顶
红叶最佳时期的登山道
红叶最佳时期的登山道
回头俯瞰,风光一片大好
回头俯瞰,风光一片大好
岩镜(岩梅科)
岩镜(岩梅科)
田虫叶(柳叶木兰,木兰科)
田虫叶(柳叶木兰,木兰科)

————————————————————————————————————————————————————————————
2.新汤泽步道 ~20分(15分)~ 3.东栗驹山
————————————————————————————————————————————————————————————

登山口から約40分でせせらぎが聞こえ始めると、間もなく新湯沢へ至ります
登山口开始约40分钟,可以听见涓涓溪流声后,马上就要到新汤泽了
登山道と新湯沢の分岐(下流側)。進入禁止を示す綱が張られています
登山道和新汤泽分叉点。有禁止通行的警告带
矢印に従い、途中から上流に向かって左側を歩きます
顺着箭头标志转向上流攀爬
約100m遡行すると、右手に新湯沢と登山道の分岐があります。直進不可
约100m的攀爬后,右手边就是新汤泽和登山道的分叉点,不可直行
higashi205_GR015792
新汤泽的积雪可以残留很久,注意不要踩踏
higashi206_GR015788
登山道和新汤泽的分叉点。积雪下方水势汹涌
新湯沢から急登を少し登ると視界が開け、山頂が見えてきます
新汤泽开始少许攀登后视野就会开阔,山顶也跃然眼前
杂草枯枝清理完好,不用担心难以通行,但要注意脚下安全,防滑,防摔倒
杂草枯枝清理完好,不用担心难以通行,但要注意脚下安全,防滑,防摔倒
間も無く平場に出て、一気に視界が開けます
不久后来到平坦的坡面,视野豁然开朗
稜線歩きが始めるあたりに岩高登山部の鐘があります。ここから強風地帯
行上山脊之后就可看见若高登山部的钟,表明此处开始进入强风地带
展望の良い稜線歩きが始まります。高く見えるのは東栗駒山でなく偽のpeak
视野良好的山脊路的最远端并不是栗驹山的山顶,而是小峰顶
大きな岩を目標に、気持ちの良い稜線歩きを楽しめます
那里看见的大块岩石就是下一个目标,尽情攀爬吧!
東栗駒山の稜線はなだらかで歩きやすいですが、いつも強風が吹いています
东栗驹山的山脊平缓易通行,但强风却不分时间常伴左右
回头俯瞰,风光一片大好
回头俯瞰,风光一片大好

————————————————————————————————————————————————————————————
3.东栗驹山 ~30分钟(25分钟)~ 4.东栗驹・里掛分岔路
————————————————————————————————————————————————————————————

higashi300_GR015774
只有东栗驹能看见栗驹山的深山金梅,5月是金梅的开花季
新湯沢から約20分で東栗駒山山頂にいたります
新汤泽20分钟后就是东栗驹山的山顶
東栗駒山稜線から見る山頂は、登山道の中でもっとも雄大な風景です
站在东栗驹山脊仰望,风景雄伟壮丽
東栗駒山山頂から東側の山肌。新緑と紅葉最盛期が美しい
东栗驹山山顶东侧的山肌,新绿和红叶争奇斗艳
東栗駒山山頂から中央登山道と鬼首、神室連峰、月山、朝日連峰を望む
东栗驹山山顶眺望中央线的鬼首、神室连峰、月山、朝日连峰
なだらかで幅広い安全な稜線歩きが楽しめます。強風時は吹き曝しなので注意
还可以享受一段平坦开阔的山脊步道,注意强风
なだらかで幅広い安全な稜線歩きが楽しめます。強風時は吹き曝しなので注意
可以享受一段平坦开阔的山脊步道,注意强风
稜線上、いくつかの大きな岩場が小さな峰を形成しています
山脊上大大小小的岩石又形成了小山峰
higashi308_11059619_708364179309020_6652944598666406333_o
新汤泽源头附近欣赏的山顶也别具一格。初夏
新湯沢源頭部近くからの山頂の眺めも格別です
新汤泽源头附近欣赏的山顶也别具一格。秋
登山道を振り返ると東栗駒山稜線の紅葉が美しい
登山道上往回看去,山脊蜿蜒、红叶迷眼
栗駒山と北上山地の展望を楽しみながら少しずつ高度を上げます
一边眺望栗驹山和北上山地的风光一边顺着山脊曲折而上
高嶺桜と紫八汐躑躅が咲き誇ります
高岭樱和艾氏杜鹃争相盛开
残雪期、登山道は水たまりとなるため、防水登山靴とGaiterが必需品
残雪期道路泥泞,需准备防水登山靴和护腿
積雪の多い年は、6月頃まで雪渓が残ります
积雪多时甚至会一直残留到6月
高嶺桜(タカネザクラ、別名=ミネザクラ、バラ科)
高岭樱(别名峰樱,蔷薇科)
紫八汐躑躅(ムラサキヤシオツツジ、ツツジ科)
艾氏杜鹃(杜鹃科)
higashi353_GR015776
深山金梅(蔷薇科)

————————————————————————————————————————————————————————————
4.东栗驹・里掛分岔路 ~20分钟(13分钟)~ 5.中央・东栗驹分岔路
————————————————————————————————————————————————————————————

東栗駒山から約30分で東栗駒と裏掛登山道の分岐に至ります
东栗驹山开始30分钟后就是里掛分叉点
分岐点からしばらくはなだらかな斜面を歩きます
分叉口之后是一小段斜坡步行
積雪の多い年は、6月頃まで雪渓が残ります
积雪多时甚至会一直残留到6月
新湯沢源頭部の雪渓。新湯沢は5月までskiなどを楽しむ人がいます
新汤泽源头的雪溪,5月都还可以享受滑雪乐趣
新湯沢源頭部、涸れた沢を横断します
新汤泽源头、河流干涸
この沢は強風時や雷発生時には身を隠すことができます
强风或雷电天气可以在这里暂时躲避
中央と東栗駒登山道分岐まで勾配のきつい坂が続きます
中央和东栗驹分叉口处有通行艰难的险坡
新湯沢源頭部に広がる草原。草紅葉が美しい
新汤泽源头的开阔草原,草色艳丽
東栗駒山の稜線と草原を眺めて一休み
休息时再看一眼东栗驹山的山脊和草原
高度を上げると、厳美や平泉方面の展望がひらけます
高度继续上升,就可以看见严美和平泉方向的风光

————————————————————————————————————————————————————————————
5.中央・东栗驹分岔路 ~ 10分钟(7分钟)~ 6.栗驹山山顶
————————————————————————————————————————————————————————————

中央・東栗駒分岐。ここまで来れば山頂まであとわずか
中央・东栗驹分岔路。距离山顶只剩最后的距离
上から見た中央・東栗駒分岐。視界不良時でも迷うことはありません
俯视的中央・懂栗驹分岔路。能见度较低时也不会迷路
山頂直下に至ると、焼石連峰や早池峰など岩手の山々の展望がひらけます
快到山顶的瞭望台就能看见烧石连峰和早池峰等岩手众山
積雪の多い年は山頂直下で6月下旬頃まで雪が残ります。滑落注意
大雪年间6月山顶下也会有积雪,注意脚下安全
新湯沢源頭上部に広がる草原、紅葉時期は草紅葉が美しい
新汤泽源头上部广袤的草原,红叶时期草色也很美
高山植物を守るため、登山道以外に足を踏み入れないように
为了保护高山植物,请勿踏出步道以外
山頂直下は道が狭く急なため、混雑時は道を譲り合いましょう
山顶下的坡道狭窄难行,游客高峰期请礼貌错让
山頂直下の少し急な坂を登り終えると、広い山頂に到着です
山顶下的急坡之后,就是此行的终点
岩銀杏(イワイチョウ、ミツガシワ科)
岩银杏(学名睡菜,龙胆科)
白山千鳥(ハクサンチドリ、ラン科)
白山千鸟(学名芒尖掌裂兰、兰花科)

————————————————————————————————————————————————————————————
6.栗驹山山顶
————————————————————————————————————————————————————————————

数百人も立つことができる広い山頂。立派な標柱があります
宽敞的山顶可以容纳数百人,竖有山顶标识建筑
標柱より少し北にある一等三角点
标识柱稍北的一等三角点
東(岩手県一関市、宮城県栗原市)の方角。北上山地を遠望できます
东(岩手县一关市,宫城县栗原市)方向。可以遥望北上的山地
西(秋田県、山形県)の方角。鳥海山、月山、朝日連峰、神室岳が見渡せます
西(秋天县、山形县)方向。可以看见鸟海山、月山、朝日连峰、神室山
南(宮城県栗原市)の方角。大崎平野、仙台平野まで見渡せます
南(宫城县栗原市)方向。可以看见大崎平野,仙台平野
北(岩手県一関市)の方角。焼石連峰、早池峰山、岩手山が見渡せます
北(岩手县一关市)方向。可以看见烧石连峰、早池峰山、岩手山
紅葉最盛期などは撮影待ちで大混雑します
红叶最佳时期拍照游客络绎不绝
山開き直前。山頂は風当たりが強いため、雪は早く消えます
开山前山顶风势强劲,积雪很快融化