気象庁「噴火速報」 運用開始

posted in: 未分類 | 0

御嶽山の噴火を受け、登山者などに噴火の事実をいち早く伝える気象庁の「噴火速報」の運用が始まりました。
気象庁が24時間態勢で監視している栗駒山を含む全国47の活火山で、新たに噴火が発生した場合や、より規模の大きな噴火が発生した場合に、5分以内をめどに発表されます。
ただし、栗駒山では防災行政無線の整備が進んでおらず、携帯電話の電波が届かない場所もあることから、あらかじめ火山活動に関する情報などを確認したうえで注意して行動したいものです。

気象庁 噴火速報

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.