須川登山道一部通行止め

posted in: 危機管理情報, 登山道 | 0

須川登山道を管理する岩手県は、昭和湖周辺の火山gasが高濃度であることから、登山者の安全を期し、当面の期間、須川登山道の一部を通行止めとすることを発表しました。昭和湖や地獄谷周辺を通ることができなくなり、山頂へ到るには産沼を経由する自然観察路が迂回路となります。
ちなみに、栗駒山は1744年と1944年に噴火しており、1944年の噴火は昭和湖で小規模な水蒸気爆発が発生しています。

post_map_sukawa

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.