世界谷地の開花情報

posted in: 高山植物 | 0

世界谷地原生花園(栗原市)は、大地森(標高1,154.9m)と揚石山(標高869.4m)の間に位置し、栗駒山南斜面の山麓(標高669mから707m地帯)に広がる細長い湿原(面積14.34ha)です。世界谷地とは広い湿原という意味です。
毎年6月頃に咲く萱草(日光黄菅)の大群生は全国的に有名で、湿原一面が山吹色でおおわれる美しい風景が見られます。
今年は好天続きで気温も高いことから、花の開花は例年より1~2週間早いです。更紗灯台(サラサドウダン)、綿菅(ワタスゲ)、立山竜胆(タテヤマリンドウ)が見ごろを迎えています。蓮花躑躅(レンゲツツジ)はもう少しです。

東北のまん中で写真日記(栗太郎)さんより

contribution_03kuritaro
更紗灯台(サラサドウダン、ツツジ科)

contribution_04kuritaro
綿菅(ワタスゲ、カヤツリグサ科)
contribution_08kuritaro
立山竜胆(タテヤマリンドウ、リンドウ科)
contribution_09kuritaro
蓮花躑躅(レンゲツツジ、ツツジ科)

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.