気象遭難に備えよう

須川登山道、天馬尾根(秣岳)登山道の様子です。この日の外気温は終始氷点下で、雪がちらつき、山頂付近は霧氷に覆われていました。栗駒山は間も無く真っ白な雪化粧に覆われます。冬山装備が必要な時期です。栗駒山の気象条件は日本ALPS3,000m級の山々とほぼ同じです。低山と思い甘く見ると命取りになります。山は謙虚でない登山者には容赦なく牙を剥き、思いもしない試練を与えます。

栗駒山屈指の山岳guide、太宰智志さん(Cafe Monte Master花山山岳会会長)より

posts_22519913_1235199216625511_8969578739949257835_o

posts_22499310_1235199306625502_1566212993935663262_o

posts_22555595_1235199286625504_2093996844776622205_o

posts_22528678_1235199289958837_4913057105512680601_o

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.