須川高原の高山植物

posted in: 残雪, 高山植物 | 0

栗駒山北側の中腹、標高1,100m付近に広がる須川高原では、残雪がほぼ姿を消し、萌え出る若葉、草木の緑が眩しく、花々が咲き始めています。新緑の中に田虫葉(タムシバ)が白く輝いています。
賽の河原では岩鏡(イワカガミ)の群落がもうすぐ見頃を迎えるところ。
イワカガミ湿原では岩鏡(イワカガミ)が全く見られず、高嶺桜(タカネザクラ)が見られるだけでした。

post_XF103538

post_XF103552

post_XF103549

post_X7003502

post_XF103627

post_X7003513

post_XF103637

post_XF103570

post_XF103641

post_XF103645

post_XF103661

post_XF103666

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.